身体の中で酵素はどのように働きますか?

ダイエットのためなどで酵素をドリンクやサプリで取り入れている人は多くいます。この酵素は身体の中ではどのようなはたきをするのでしょうか?

酵素はもともとたんぱく質の一つで、身体が生きていくために必要な物質です。食べ物として食べたものを実際に体で使うためには、酵素が触媒となって食べ物をエネルギーなどに変化させる必要があります。例えばお肉を食べると、お肉の成分を体に取り入れるために分解・消化・吸収しなければなりませんが、これを手助けするのが酵素の働きです。

食べ物はそのままの状態では身体の中に取り込むことが出来ませんが、酵素がそこにあることで吸収できるようにしてくれます。また、酵素は体に取り入れられたものを実際に活用するためにも使われています。それが代謝と呼ばれるものになります。

たんぱく質が分解されてアミノ酸となり、このアミノ酸は酵素を触媒として筋肉や皮膚、髪の毛などを作るための材料となります。炭水化物が分解されて糖質となり、糖質は酵素を触媒としてエネルギーに変化していきます。酵素はこのような変化のお手伝いをするという働きを身体の中で行ってくれています。食べ物から取り入れる酵素は分解・消化・吸収に使われます。